足のむくみと腎臓の関係について

腎臓の働き

腎臓は腰の左右にそれぞれ一つずつ存在する臓器です。大きさは握り拳くらいであり、そら豆のような形をしています。

 

腎臓の主な働きは血液の浄化です。血液から余分な塩分や老廃物を濾過し、尿として体外へ排出します。腎臓の働きが鈍ると塩分や老廃物が体内に蓄積されてしまい、尿毒症などを引き起こします。また、尿が出なくなることもあります。

 

腎臓には塩分と水分の排出を通じ、血圧をコントロールするという働きがあります。例えば、腎臓は血圧の上昇時は塩分と水分の排出量を増加させて血圧を下げ、血圧の下降時は塩分と水分の排出量を減少させて血圧を上げるように働きかけます。また、腎臓は血圧を一定に保つホルモンを分泌することもできます。

 

腎臓は血液を作る上でも欠かせない役割を持っています。血液は骨髄の中にある細胞によって作られますが、そのためには腎臓から分泌されるエリスロポエチンというホルモンの刺激が必要になります。腎臓の働きが悪くなるとエリスロポエチンの分泌量が減ってしまい、血液が作られなくなって貧血を引き起こします。

 

腎臓は体液量やイオンバランスを調整する働きも担っています。体液量の調節ができなくなると体がむくみ、イオンバランスが崩れると疲労や眩暈などをはじめとするさまざまな不調が現れます。

むくみと腎臓の関係

むくみは血液に深く関わっており、腎臓は血液をコントロールする役割を持つ臓器の一つです。腎臓の働きが悪くなると体がむくみやすくなり、腎臓病によるむくみのことを腎性浮腫といいます。腎性浮腫は全身性浮腫に分類されるむくみであり、全身性浮腫は重力の影響で下半身に症状が現れやすいのが特徴です。

 

つまり、腎臓の働きが悪くなると、足のむくみが起きやすくなるということです。足のむくみを改善するために、腎臓の活性化は欠かせません。

腎臓に優しい生活習慣

腎臓は24時間絶えず活動を続けています。しかし、休息を取ることにより腎臓の負担を軽減することが可能です。腎臓の働きが悪くなっている方は十分な睡眠を取るように心がけましょう。

 

アルコール、糖分、脂肪分は腎臓の負担を増大させる要因となります。足のむくみなどの症状が見られる場合、これらを含む食品の摂取はできるだけ控えた方がいいでしょう。

 

腎臓の活性化の助けになる食材は大豆、小豆、黒豆などの豆類です。塩分の摂り過ぎには注意が必要ですが、豆から作られる味噌や醤油も腎臓の活性化に繋がります。
その他、わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類も効果的です。