足のむくみのメカニズムとは

 

むくみとは、皮膚の下部にある皮下組織に水が溜まっている状態のことです。人間の体は約60パーセントが水分で構成されていますが、この水分の3分の2は細胞内に存在し、3分の1は細胞外に存在しています。

 

人間の体にはあらゆる部位に血管とリンパ管が張り巡らされています。心臓から送り出された血液は血管を通って全身を巡り、間質液として毛細血管の小さな隙間から染み出ていきます。これにより、細胞に酸素や栄養素を与えたり、細胞から老廃物や二酸化ガスを受け取ったりしているのです。

 

基本的に、血管から染み出る水分量、血管が吸い込む水分量は一定に保たれています。しかし、なんらかの原因によって血管から染み出る水分量が多くなり過ぎたり、血管が吸い込む水分量が少なくなり過ぎたりすると、血管の外の皮下組織に水が溜まってしまい、その部位がパンパンに膨れ上がってしまうことになります。これがむくみが起きるメカニズムです。

むくみの原因

筋肉量の不足

筋肉が低下すると代謝が悪化してしまい、それによってむくみが発生する場合があります。また、ふくらはぎの筋肉には血液を心臓に戻すポンプ作用を持っており、ふくらはぎの筋肉が衰えていると足のむくみが起きやすいです。

血行の不良

むくみには血液の流れが深く関わっています。血行が悪いと余分な水分や老廃物が細胞外に溜まりがちになり、むくみが発生する場合があります。

筋肉の緊張

座りっ放しや立ちっ放しなど、同じ姿勢を長時間続けていると特定部位に水が溜まり、むくみが発生する場合があります。また、同じ姿勢を長時間続けることは筋肉の緊張を発生させ、緊張した筋肉は血行が悪化するため、これもまた悪影響となります。

塩分の過剰摂取

塩には水分を取り込む性質があり、塩辛いものを食べすぎると血管内の水分が増加します。血管内の水分が増加すると血管が押し広げられて血圧が上がり、毛細血管から水分が染み出し、むくみが発生する場合があります。

ホルモンバランスの影響

女性は生理のために水分を体内に取り込もうとするので、生理前の一週間くらいはむくみが起きやすくなります。

足のむくみの原因

体の部位の内、特にむくみが起きやすいのが足です。足は重力の関係で水が貯まりやすいため、その分、むくみが生じる可能性も高くなります。日頃から運動をする習慣がなく、筋肉が衰えている方、血行が滞りがちな方は注意が必要です。

 

また、ヒールの高い靴、足を締め付けるような靴は血行不良を招くため、足のむくみが発生する可能性が高まります。