足のむくみをとるために効果的なツボは

むくみには指圧が効果的

人間の体は血液やリンパなどの体液が絶えず巡っています。
血液とリンパの流れが悪くなると頭が痛くなったり、
息が苦しくなったり、さまざまな不調が現れます。むくみもその一つです。

 

血液やリンパは外からの刺激によって流れを促すことができます。
ストレッチやマッサージの他、指圧にも高い効果があります。

 

こちらではむくみに効果的なツボをいくつか紹介します。
自分で届く位置のツボになりますので、ぜひ指圧してみてください。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は足の内側、くるぶしから指4本分くらいの部位にあるツボです。三陰交という名称は足太陰脾経、足少陰腎経、足厥陰肝経、という3つの経絡が交わる場所にあることに由来します。

 

三陰交には下半身の血行促進効果があり、足のむくみの他、冷え性、貧血、便秘、疲労などの改善効果があります。また、ホルモンバランスを整える働きもあり、生理痛、不妊症、更年期障害などにも効果的です。

 

三陰交は親指の腹を使い、ゆっくりと押して指圧します。セット回数は5回程度、力加減は心地よい痛みを感じるくらいが適当です。

太谿(たいけい)

太谿は足の内側、くるぶしとアキレス健の中間の窪んだ部位にあるツボです。太谿には足少陰腎経という腎臓へ至る経絡の出発点があります。太谿には腎臓を活性させる効果があり、腎臓の持つ血液の浄化作用によって足のむくみの改善が期待できます。その他、高血圧、低血圧、不眠症、排尿機能問題、慢性腎臓疾患、精力減退、生理不順、更年期障害などにも効果的です。

 

太谿は親指の腹を使い、ゆっくりと押して指圧します。セット回数は10回程度、力加減はじわっとした痛みを感じるくらいが適当です。

照海(しょうかい)

照海は足の内側、くるぶしの少し下の窪んだ部位にあるツボです。照海は太谿と同じく足少陰腎経にあり、指圧することによって同様の効果が期待できます。腎臓が弱っている方は照海を指圧すると重く響くような痛みが生じます。照海は見つけやすい部位にあり、シャワーなどを使って温めるのも効果的です。

 

照海を指圧する際はまず膝を立てて座り、親指の腹で照海を押さえ、他の指で足首を掴みます。それから、押さえたり緩めたりを繰り返すことにより指圧していきます。時間は3分から5分程度です。

指圧の注意点

食前と食後の30分間に指圧を行うと、消化器官に送られるはずの血の流れが乱してしまい、消化不良を引き起こす可能性があります。また、指圧をした後に入浴や飲酒を行うと体調が悪くなることがあるので注意が必要です。

 

また、腎臓が弱っている場合、指圧が悪影響を及ぼすこともあるので、心配な方は専門医に相談してみるといいでしょう。