足のむくみを予防する効果的な方法

生活習慣を見直してむくみを予防する

むくみは遺伝や病原菌などによって引き起こされるものではありません。むくみを引き起こすのは生活習慣に原因があります。むくみはむくみになった後の改善法ばかりが注目されがちですが、それよりもまずむくみになる前に予防をしておくことが大切です。

 

規則正しい生活習慣とは、運動、休息、栄養のバランスが取れた生活のことです。これらに気をつけて生活を送ることにより、むくみが起きる前に予防をすることができます。

 

運動

筋肉にはポンプ作用があり、筋肉を鍛えることで血液やリンパの流れがよくなります。男性よりも女性にむくみが多いのは筋肉が少ないからです。しかし、むくみを予防するためにハードなトレーニングを行う必要はありません。通勤のために道を歩いたり、家事のために手を動かしたりするだけでもむくみ予防には十分効果があります。

 

長時間同じ姿勢を取っているのもむくみを引き起こす原因となるので、まずは身体を動かす意識を持つことが大切です。座りっ放しでゲームをしていたり、寝転がってテレビを見ていたりといったことが長時間に渡って続くと、血液やリンパの流れが滞ってむくみになってしまいます。身体を動かす意識を持つことにより、自然とこうした生活習慣も改善されていきます。また、身体を動かす場合はノロノロと動かすのではなく、キビキビと動かすことが大切です。

 

むくみの予防にはウォーキングやジョギングを毎日の生活に取り入れるのが望ましいです。ふくらはぎの筋肉が鍛えられれば、女性にとって大きな悩みの種である足のむくみの改善に繋がります。運動は継続するのが難しいものなので、まずは無理のない範囲で毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。

 

休息

腎臓には体内の老廃物を尿として排出する働きがあり、腎臓の働きが衰えると体内に老廃物が溜まってむくみになりやすくなってしまいます。腎臓は24時間絶えず働き続けていますが、十分な睡眠を取ることで腎臓への負担を減らすことができます。むくみの予防のためには休息も大切です。横になって休むだけでも腎臓への血流が増え、腎臓の細胞の治癒が促されます。

 

栄養

むくみの予防には栄養のバランスが整った食事を摂ることも大切です。特に、塩分の摂り過ぎは体内に水分を貯め込み、むくみを発生させる原因となります。塩辛いものやインスタンドフードなどをよく食べるという方は塩分の過剰摂取に気をつけましょう。